ファッションfashion モードmode

キタキリだから、ファッションまわりをゆるっと語る。

その342.プレステ2が世界的ヒット商品に。

その342._f0375002_23025340.jpg

2000年3月、家庭用ゲーム機プレーステーション2が発売され、爆発的ブームに。

 

今はすでにプレステは4の時代ですが、プレステ2は全世界で累計1億5千万台売れたとか。

 

で、セガの家庭用ゲーム機は、セガ・サターンの次世代機「ドリームキャスト」。当時では画期的な、簡単操作でインターネットに繋がる、メールが出来るなど、パソコンの仕事をゲーム機にやらせ、話題になりました。

 

私もゲーム雑誌会社からドリキャスのデモ機をお借りして、漫画を描くよう依頼され、ドリキャス漫画を描かせて頂きました。

余りの高性能に驚き、担当者に「で、ゲームソフトは?」って聞いたら「特にない」って答えが返ってきて、びっくり。

 

ゲームはシロウトの私でも「売れないじゃん」と、思った通りでした。ただ、当時パソコンはまだまだ高額だったところに、ドリキャスは29800円でパソコンと同じ仕事ができるってのが、ウリだったんだけどね。

 

ユーザーがゲーム機に求めるのは、面白いゲームが出来るってことが重要と、当たり前のことが後に、改めて分かりました。

 

セガは2001年にゲーム機事業から撤退しました。

 

最近、字幕付きでアメリカのアニメを見ていたら、ドリームキャストがダメなゲーム機代表のようなセリフがあって、軽くショックを受けました(紹介漫画描いたからね)。ですが、字幕には「ドリームキャスト」とは訳されておりません。

 

向こうの声優さんのいい声で「まるでドリームキャストだな」と、ディスったセリフが聞こえてくるのです。

とほほ。

 

 

 

 

当ブログのイラストコラム及び漫画は繊研新聞社の許可を得て転載しており、第三者が作者と繊研新聞社の許可を得ず、イラスト・漫画を複製・コピーして他の媒体に使用することを固く禁じます。