ファッションfashion モードmode

キタキリだから、ファッションまわりをゆるっと語る。

その312.アンゴラモヘアの大予言。

その312._f0375002_21234895.jpg

1999年も8月になると、7月に人類滅亡するはずだった予言からひと月経過して、どこか

でハルマゲドンを信じていた人々(私も含む)が、なんだかなぁ、って気持ちになって

おりました。

 

この秋冬、アンゴラ・モヘア素材が売れ筋に。アンゴラは「アンゴラウサギの毛」でモ

ヘアは「アンゴラ山羊の毛」でどちらも「獣毛」ですね。アンゴラウサギもアンゴラ

羊も、モフモフの柔らかい毛が特徴でその毛を使った糸で編んだセーターは、モコモコ

フワフワで、高級素材として知られております。

 

で、アンゴラモヘアは、ウサギと山羊の毛の混紡。アンゴラウサギの方が、柔らかい毛

の合間に固い毛も多く、それがチクチクと皮膚を刺激するのですね。モヘア(山羊)も

固い毛があるのですが、ウサギより少ないようです。

 

暖かくて軽い化学繊維全盛時代ですが、動物の毛の服を着ると、何だかほっこりしちゃ

うんですよね。

 

その312._f0375002_21381633.jpg

 

 

 

当ブログのイラストコラム及び漫画は繊研新聞社の許可を得て転載しており、第三者が作者と繊研新聞社の許可を得ず、イラスト・漫画を複製・コピーして他の媒体に使用することを固く禁じます。